サルトビ塾

HOME > コース紹介 > サルトビ塾

楽しく運動神経を高めて未来を開く!

クラス紹介

スケジュール

スポーツを習う前の習い事
– 子供の運動神経を伸ばすコーディネーショントレーニング-

(1)子供の身体の専門家が医学的な知見から遊びを取り入れたプログラムを提供する
(2)多様な動きが経験できる運動神経を伸ばすプログラム
(3)発育・発達の特性に応じたプログラム

対象: 幼児〜小学3年生

子供の運動神経は遺伝ではなく育つ環境で左右されます。幼少期は一生の内で神経系の発達が最も著しい時期であり、この時期に適切な運動経験を積むことが運動神経を伸ばすためには必要です。

そのため、小さい時から一つのスポーツに特化するのではなく、「走る・跳ぶ・転がる・投げる」など動きの基礎を作るために色々な運動経験をできる場所を提供します。
また、運動は挑戦する場面が多く、何度も挑戦し諦めない気持ちや諦めない気持ちなど心も成長します。成功体験や成長を実感することで自信をつけ、子供の可能性を拡げていきます。

子供のコーディネーショントレーニング

コーディネーション能力とは身体の機能全体の調整力です。運動やスポーツの動作は全て、筋力、柔軟性、バランス、スピードなどの各要素をスムーズに調整してます。
コーディネーション能力は7つの要素に分類でき、これらの要素を高めていくトレーニングです。

①定位能力   :相手や味方、ボールなどの周囲の状況と関連付けながら動きの変化を調整する能力
②変換能力   :状況が変わったとき、動作を素早く切り替える能力
③リズム能力  :耳や目からの情報を動きによって表現し、イメージを現実化する能力
④反応能力   :合図を素早く察知し、適時に適切な速度で正確に反応する能力
⑤バランス能力 :空中や動作中の全身バランスや、崩れた姿勢を素早く回復する能力
⑥連結能力   :身体の関節や筋肉の動きをタイミングよく、無駄なく同調させる能力
⑦識別能力   :手や足、頭部の動きと視覚の関係、ボールなどの操作を精密に行う能力

サルトビ塾の背景

サルトビ塾を行う背景としては外遊びの低下やデジタルデバイスの普及により、近年子供の身体に以下のような変化が起きています。

・運動能力の低下   ・身体機能の低下   ・意欲の低下
・社会適応力の低下  ・認知能力の低下   ・姿勢の変化(不良姿勢)

これらの能力や機能は本来、子供の頃の外遊びや運動・スポーツなど身体活動を通して身につけていくものですが、近年、デジタルデバイスの進化や習い事の増大により外遊びの時間は減少し、あらゆる機能向上が図り難い環境となっています。これら問題の解決策として運動する機会を提供したいと考えています。

体験レッスン開催中!